Posts Tagged ‘看護師’

乳児院の求人(看護師向け)を紹介!

土曜日, 6月 27th, 2015

header
 
caution
乳児院の求人を探すなら、ハローワークや雑誌よりも「転職サイトに登録をして求人を紹介してもらう方が いい求人が見つかりやすい」というのが最近の傾向です。

 

なぜなら、乳児院の良い求人は一般には非公開とされていて、転職サイトだけで人数限定で募集されている事が多いからです。

 

そのため、乳児院の求人を探す看護師の多くが転職サイトに登録をして、良い転職先を探しています。

 

尚、こちらでは乳児院の求人を探している人に人気の転職サイトランキングを紹介します。


rank01

第1位 ナース人材バンク

1-300

 

全国の看護師向けの求人も集まる人気の転職サイトです。「乳児院で働きたい!」「乳児院の良い求人を見つけたい」などの希望に応えてくれます。

 

乳児院のいい求人を探すなら、まずこちらで無料登録をして紹介してもらう人が多いですね。

 

→ 乳児院の求人の無料紹介はこちら

※登録フォームに入力するだけ
登録料・紹介料もすべて無料です

 


rank01

第2位 ナースではたらこ

4-300

 

ハローワークや新聞チラシなどでは公開されない 「乳児院の非公開求人」 が揃っています。

 

看護師の求人は「残業が少ない」「休みが多い」「給料が高い」といった求人があり、そんな良い求人を見つけたい人はナース人材バンクと合わせてこちらにも登録される人が多いです。

 

→ 乳児院の求人の紹介はこちら(無料)

※登録料・紹介料など すべて無料です

 


rank01

第3位 ナースフル
5-300

 

実績ある安心のブランド・リクルートが運営する看護師転職サイトです。担当の優しいコンサルタントの方が親切に応対してくれます。

 

サポートが充実しているので、初めて転職サイトに登録して看護師の求人を探したい人でも安心ですよ。

 

→ 乳児院求人の無料紹介はこちら

※登録フォームに入力するだけ
登録料・紹介料もすべて無料です

 

 

caution
2つ以上の転職サイトに登録しても問題ありません

 

むしろ、1つの転職サイトで紹介してもらえる求人数は限られているので、 2つ以上登録しておくと 乳児院のいい求人が見つかる可能性が高くなります

 

たとえば、「1位の転職サイトでは乳児院の求人は2つしか紹介してもらえなかったけど、 2位のサイトに登録したら、さらに3つ紹介してもらえた!」 なんてラッキーなことがあるのです。

 

その場合、合計5つの良い求人の中から1番いいところを選ぶことができるというわけです。

 

→ 1番おすすめの転職サイトを見る

 

 


出産を介助することが出来る助産師は、看護師の上位職としてもとても人気がある職ですよね。ですが、助産師は看護師と比べて、より勤務が不規則となりがちです。勤務自体は、基本的に2交代勤務から3交代勤務となることが多く、看護師の2交代・3交代勤務とほぼ同じような内容です。シフト勤務で、連休が取りづらいという特徴もありますよ。
まとまった休日が欲しいという場合には、有給休暇を利用して休む必要が出てきます。3交代勤務の場合には、夜勤明けの翌日は休みとなる事が多く、月に6~8日程度の夜勤や準夜勤があるということが多くなっています。
最近では、夜勤専従の助産師を配置しているという産婦人科や、助産施設なども増えてきました。これは、勤務の不規則さを改善しようとする動きなんですね。とはいえ、助産師という仕事では、どうしても出産する妊婦さんの都合に合わせて、勤務時間が変わってしまうことが多くなります。例えば、お産が長引くとその妊婦さんを担当する助産師も、「帰ります」と退勤することは難しいですよね。
助産師の勤務時間は、お産に合わせて流動的になりやすく、残業がある場合もとても多いんです。お産はどうしてもスケジュール通りに進むというわけではありませんので、どうしても不規則な勤務となってしまうんですね。


助産師は産婦人科医院で働く以外にも、乳児院で働く事が出来ます。乳児院はその規模によっては、少人数で働くことになるんですね。ですので、乳児院で分娩を望む妊婦さんがお産を控えている際には、どうしてもお産に備えて予定日が近づくと気が休まらない・・・という事もあります。お産は24時間いつ始まるのかわかりませんので、深夜に産気づいて緊急出勤となることもありますよ。
小規模の乳児院の場合、妊婦さんの状態によっては自分のスケジュールが立てづらくなります。病院に勤務している看護師以上に、ハードな仕事となる場合もあるんですよ。
ただ、乳児院の場合には、診察が出来る人数もある程度は限られます。そのため、対応することが出来る人数以上の妊婦さんを制限することが出来ますよね。乳児院で働く助産師は、出産がないときにしっかりと休日を確保し、法律に定められている休日数を取得することが出来ます。規模が大きい乳児院の場合、お互いに融通を利かせ合って対応することも可能ですよね。
乳児院では基本的に、提携している産婦人科医院や緊急病院があります。どうしても乳児院で対応することが出来ない場合、病院に対応を行ってもらう事ができるんですね。しっかり仕事をするためには、やはり休日に身体を休めておくことが大切になります。そのため、休日をしっかりととる事が出来る様になっていることが多いんですよ。


乳児院で働こうと考えている場合には、就業条件をしっかりと確認する必要があります。乳児院の規模や乳児院の考え方によっては、自分が思っていたような勤務体制ではなかったという場合や、自分が希望する働き方ではなかったという場合もありますよね。そうなると、後悔してしまうことになります。まず一番初めに確認しておきたいことは、やはり給料です。基本給はどの程度もらえるのか、各種手当はどのようなものが支給されるのかという部分は、しっかりと確認しておきたいところです。
月収が多くても、基本給が少ないとなると、ボーナスが少なくなり年収も低くなりますよ。ですので、しっかりと確認してくださいね。また、休日の呼び出しの対応はどの程度あるのかという点も大切です。助産師の仕事は、どうしても自分の都合よりも、妊婦さんのお産の都合を優先させなくてはなりません。複数の助産師が勤務していて、緊急の呼び出しがあまり無いという乳児院であれば、休日はしっかりと休む事が出来ますよね。また、有休をはじめ、様々な休暇制度がしっかりとしているかも、確認しておきたい点です。
看護師の職場は、比較的福利厚生が整っているところが多くなっています。ですが、規模の小さい乳児院の場合、福利厚生の面までは対応できていないというところもあるんですね。福利厚生があるのとないのとでは、働くモチベーションも変わってきますよね。ですので、働く乳児院を選ぶ場合には、福利厚生もしっかりと確認しておくことをおすすめします。
また、夜勤の対応はどのようになっているのかという部分も気になるところです。最近では夜勤専従の看護師を雇用している乳児院もありますよ。どの程度、夜勤に対応する必要があるのかという事は、しっかり確認してくださいね。


助産師が活躍することが出来る職場というのは、様々な場所がありますよね。まず、産婦人科の病院や診療所、それに乳児院といった施設は、助産師が多く働いている場所でもあります。助産師としてある程度経験を積む事で、自分が理想としているお産の形を実現するため、乳児院を自ら開院するという人もいます。助産師は独立開業を行うことが出来る仕事です。
ですので、それを働き方の一つとして考えていく事も出来ます。また、助産師は公的な施設でも活躍していますよ。主に出産を控える妊婦さんのケアを行う仕事となりますが、出産以外にも助産師が携わることが出来る仕事というのは多く存在しているんですね。
助産師として活躍することになれば、どのようなスキルが身につくのでしょうか。まずは、女性の妊娠・分娩・産褥といったような出産に関するシーンで、ケアを行っていく事が大切になります。そのような場面において、適切に対応していくスキルというものが身につくんですよ。さらに、出産後には新生児のケアを行う事になりますので、新生児ケアのスキルも身につきますよ。
産後の女性のケアを行うというスキルも、助産師ならではのものです。出産後の女性は、精神的にも肉体的にも、かなり消耗が激しくなっている状態です。ですので、助産師の適切なケアというのは、とても大切になるんですね。

 
乳児院の仕事がしたい!

→ 1番おすすめの乳児院 転職サイトを見る

 

乳児院で働ける看護師の人数

水曜日, 4月 22nd, 2015

wesiojf

乳児院は、児童福祉法によって
看護師を配置する基準が定められています。
まず、1.6人に1人の配置が必要となっています。

ですが、これは保育士または児童指導員でもいい
ということになっているんですね。

 

つまり、看護師の数を増やさなくても、
保育士や児童指導員が居れば良いということです。

 

では、看護師は要らないってこと?と思うかもしれませんが、

法律では、さらに乳幼児10人の乳児院には、2人以上、
10人を超える場合には10人増加するごとに1人以上の看護師を
配置しなくてはならないということになっているんです。

 

つまり、10人の乳幼児がいる場合には2人、
20人の乳幼児がいる場合には3人の看護師が必要になります。

看護師と保育士だと、どうしても看護師の方が
給料や待遇などがよくなってしまいますよね。

 

そうなれば運営側は、厚待遇で迎えなくてはならず、
雇用することが難しい看護師よりも、
保育士の方を積極的に雇用したいと考えますよね。

そうなると、小規模の乳児院では2人程度、大規模だとしても、
4人程度の看護師がいれば十分だということになります。

 

仮に、130ほどある乳児院全ての施設が4人の看護師を2交代制で配置したとしても、
1,040人の看護師がいれば十分だということです。

数少ないポストとなりますので、当然求人もとても少なくなりますよね。