乳児院ナースはこんな事までやるの!?

乳児の健康管理が基本

wageiawighwea
乳児院勤務の看護師の主な仕事内容とは、
乳児の健康管理がメイン
になります。

0歳児から1歳児の乳児期にある子どもを
養育していく施設で、児童福祉法により
看護師を配置することが定められており、
24時間体制の勤務になります。

 

乳児は、免疫や体力が十分にないために
気温の上下や天気の変化などちょっとした
環境の変化によって体調を崩すことが多い
ため、

そのような場合は適切に応急処置して
かかりつけの病院や医師と連携を取る
という処置をしなければなりません。

 
 
 

事務業務や清掃の仕事も!

一日の主な仕事内容としては、
乳児のバイタルチェックや水分補給などの
体調観察や健康管理だけではなく、

病気にならないための疾病予防や、
怪我をした際の応急処置、院内施設の消毒や清掃、
害虫駆除などの衛生管理、乳児の世話や遊び、
保護者へのお知らせなどの書類作成や事務業務
があります。

 

また、乳児院では、
何らかの事情で預けられる乳児に対して、

母親と同じようにスキンシップやコミュニケーションを
取ることで愛情を与えてあげること
も求められます。

 

時には、健康診断や歯科検診などで訪問する
医師のサポートをしたり、保護者との懇親会に参加して

健康に関するアドバイスをしたり、
セミナーなどで健康についてスピーチを行う
などの機会もあります。

 
 
 

実の親のように愛情を注ぐ仕事

jgena
0歳から3歳までの乳児を育てるのが仕事なので、
その乳児によって対応を変えていかなくては
ならないのが難しいところです。

授乳したり、入浴したり、遊ばせたり、
おむつを替えたりということが主な仕事内容
です。

 

通常は、一人で
2、3人の乳児を世話することになります。

急な体調変化もすぐに察知する必要がありますので
大変な仕事です。

 

乳児用の食事を作ったりするので
実の親のような愛情を捧げないといけません。

 
 
 

看護師は一人だけの事もある?

法律では乳児院は医師か、
看護師を置かなくてはならないと定められているものの、

多くの乳児院では看護師が2人前後、
もしくは1人だけという場合もありえる
ので、
乳児の急な異変にすぐ対応できる病院を
日頃から確保しておかなければなりません。

 

また、親がその乳児を迎えに来てくれる
ということはないので、
一日中しっかり世話してあげなければなりません。

乳児のための健康管理データを作成したり、
またカリキュラムを作成したりすることもあります。

 

病気になりやすい乳児ですから、
他の乳児が風邪などを引いたときに伝染しないように
隔離等のケアをする必要もあります。

言葉を覚えはじめたりする時期でもあるので、
その面でもしっかりと世話するのが仕事となります。

 
 
 

Tags:

Comments are closed.