乳児院で働ける看護師の人数

wesiojf

乳児院は、児童福祉法によって
看護師を配置する基準が定められています。
まず、1.6人に1人の配置が必要となっています。

ですが、これは保育士または児童指導員でもいい
ということになっているんですね。

 

つまり、看護師の数を増やさなくても、
保育士や児童指導員が居れば良いということです。

 

では、看護師は要らないってこと?と思うかもしれませんが、

法律では、さらに乳幼児10人の乳児院には、2人以上、
10人を超える場合には10人増加するごとに1人以上の看護師を
配置しなくてはならないということになっているんです。

 

つまり、10人の乳幼児がいる場合には2人、
20人の乳幼児がいる場合には3人の看護師が必要になります。

看護師と保育士だと、どうしても看護師の方が
給料や待遇などがよくなってしまいますよね。

 

そうなれば運営側は、厚待遇で迎えなくてはならず、
雇用することが難しい看護師よりも、
保育士の方を積極的に雇用したいと考えますよね。

そうなると、小規模の乳児院では2人程度、大規模だとしても、
4人程度の看護師がいれば十分だということになります。

 

仮に、130ほどある乳児院全ての施設が4人の看護師を2交代制で配置したとしても、
1,040人の看護師がいれば十分だということです。

数少ないポストとなりますので、当然求人もとても少なくなりますよね。

 

 

Tags: ,

Comments are closed.