乳児看護に携わりたい看護師向けの職場【2】

weiutnjkef

小児科や産婦人科も、乳児看護を行う職場ですよね。
産婦人科が何故乳児看護?と疑問に思うかもしれませんが、
産婦人科には生後5日くらいまでの新生児がいます。

出産後すぐの乳児のケアというのは、
お母さんに乳児ケアの指導を行いつつ
看護師がケアを行っていくことになります。

 

また、小児科にも乳児は通院してきますし、
NICUに入院する必要がなくても、
小児科病棟に入院が必要となる乳児もいますよね。

NICUに比べると緊急性は少ないのですが、
小児科や産婦人科での乳児看護の仕事もあるんですよ。

 

乳児院や保育園といったところは医療現場ではないのですが、
乳児が入所・通園する施設ですよね。

ですので、看護師が配置され、
乳児のケアを行うということはとても多くなっています。

 

特に乳児院では24時間体制で乳児のケアを行っていきます。
医学的な管理も必要となる乳児期は、
医療の現場ではなくても看護師が必要となる職場は多くあるんですね。

地方自治体などでは、乳児がいる家庭に訪問し、
そのケアを行っていく保健師訪問や、
看護師訪問といったことを行っているところもあるんですよ。

 

各家庭に訪問し、乳児看護にあたる公務員としての働き方もあります
乳児看護を行う事が出来る職場は、
探してみると多くのものがあるんですね。

その中でも、どのような職場で働きたいのか、
どのような職場が向いているのかということを
しっかりと考えて、選んでみてくださいね。

 

 

Tags: ,

Comments are closed.